花粉症の基礎知識や治療について

花粉症の特徴

スポンサード リンク

花粉症とは、空気中の花粉を吸い込むことで起こるアレルギーの病気で、吸い込んだ花粉が気管まで入り込むと、目や鼻のアレルギー症状が現れます。

ただし、空気中を飛び交う花粉は膨大な種類がありますが、その全てがアレルギーの原因になるわけではありません。

また花粉症を起こす頻度が高いのは、樹木ではスギ・ヒノキ・マツ、イネ科ではイネ・ススキ・カモガヤ・オオアワガエリ、雑草ではブタクサ・ヨモギ・カナムグラなどの花粉となります。

中でも日本人に圧倒的に多いのがスギ花粉で、患者数は増加の一途をたどっており、全人口の10%強が症状に悩まされていると言われています。

なお花粉患者数が増加している原因として、花粉をつける樹齢の高いスギの増加、異常気象による猛暑、飛散する花粉量自体の増加が挙げられます。

Copyright © 2011 花粉症@ガイド. All rights reserved.